新しい「学び舎」について

阪神シニアカレッジは現在、宝塚、西宮、尼崎、伊丹の各地で学習室を借りて運営していますが、これを集約し、兵庫県が建設する新学舎に移転する予定です。

シニアの学びの場にふさわしい、ゆとりある学習と交流の拠点が実現します。

  

○開学 平成314月から新しい校舎で授業予定

  

○場所 宝塚市役所隣接地 

 

○専用教室、グループ学習室等、計画床面積2,000

 

新校舎イメージ
新校舎イメージ
屋上庭園イメージ
屋上庭園イメージ

 平成30年12月27日現在の新学舎です

(3・4階と屋上が当カレッジです)

1月22日、新しい机といすが入りました